マンスリーマンションの人気が高い理由とは何か?

家具付き、敷金礼金なしなので、初期費用が抑えられる!

マンスリーマンションと賃貸物件を比べた時の一番の違いは何でしょうか。それは家具や電化製品がすでに備えられているという点です。自分で部屋を探して住むとなると、備品もすべて準備しなくてはなりませんが、マンスリーマンションの場合、生活に必要なものはだいたいそろっているのでその必要がありません。家具家電をすべてそろえるとなるとけっこうな額になるので、その分の費用が発生しないとなるとお得ですよね。 マンスリーマンションでは一括前払い制度なので、最初にお金は必要ですが、賃貸物件で発生するような敷金礼金がないので初期費用も抑えられます。更新料もかかりませんし、中にはインターネット接続が無料でできたり光熱費が含まれていたりするケースもあり、お得感があります。 ただし、退去時には清掃料や事務手数料がかかるので、その資金の準備は忘れずに。

入居審査がなく、保証人不要物件もあるため、手続きがシンプル。

賃貸物件の場合、入居前の審査が通らないと住むことができませんが、マンスリーマンションにはそれがありません。最初に必要なお金さえ払えばすぐに入居することが可能です。中には保証人不要の物件もあるため、手続きが簡素化されていて非常にシンプルです。ただし、入居審査が甘いということは、その分モラルの低い方もいる場合もあるので、心にとめておきましょう。 しかし長期出張や、受験での上京時など、何年も滞在するわけではないけれど、ホテル住まいではちょっと事足りない、という場合にはマンスリーマンションはもってこいです。駅の近くにあって便利なロケーションの場合も多く、長期滞在すればするほど割安になるプランも多いので、用途に合わせて上手に活用してみてはいかがでしょうか。